クーとイチゴの幸せ?な日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご心配おかけしました
久しぶりの記事アップになります。ブログ放置をしてまして申し訳ありませんでした。


九月最初の記事はクー様ネタから。

先月末に怪我をしたクー様。暫く傷口が固まらず包帯生活を続けておりました。
一週間ぐらい経つと傷口はまだ生々しいものの、少しずつ塞がり始めました。治りはじめると傷口がかゆくなるのか、包帯を食いちぎりだしたので取れるたびに何度も病院へ行き、包帯を巻きなおす羽目に。
仕事が多忙な時期だったので2~3日ごとの病院通いは大変だったのですが、最近では、爪は伸びきっていないものの傷口も塞がりいつもどおりのやんちゃ坊主になりました。


クー様お辞儀<心配してくれてありがとね♪byクー様
不運続き
やんちゃ坊のクー様。ここのところ怪我続きです。

毎日お昼にボール遊びをしているのですが、ボールを追っかけている時はボールしか目に入らないらしく、庭木や庭石、車などに所構わずぶつかっていきます。当たり所が悪ければ当然怪我をする訳で。
庭木に引っ掛けたりぶつけたりして目の周りに血を滲ませながらしっぽをブルンブルン振って遊び続ける事が2~3回続きました。ちっちゃい怪我はしょっちゅうなので放置しているのですが。

今日はボール遊び中に大好きな軽トラに飛び乗った際、たまたま仕事で使っていた鎌を踏んでしまって前足の爪の部分をちょっと切ってしまいました。大怪我ではないものの血がたれていました。地面に接する部分なので慌ててマキロンで応急処置をしてかかりつけの病院へ。

患部に塗り薬を塗ってもらって、ガーゼで保護。そして以前も使った絆創膏のような包帯で固めてもらいました。家では怪我の事など全く気にしていなかったのに、包帯を巻いてもらった途端、違和感があるのか足を庇うような歩き方になってます。
化膿止めの薬と、今月分のフィラリアの薬を処方してもらって帰ってきました。

クー様怪我

今月の健康診断でクー様の体重が31.2kgになってました。前回より太ってるや~~~ん。
この足では暫く運動も控えなくてはならないし、ご飯を減らしてダイエットしなくては。
(クー様に限った事ではないが・・・・。)

夕方から雨が降ってきたののだが、散歩には連れていかなければならないので、怪我の部分が濡れないようにしてみました。

クー様怪我2
包帯部分をタオルで巻いて、ビニール袋で覆った即席靴。すっごいかっこ悪い。ドラえもんの手になってます。(笑)自分でやった事ながらあまりの不恰好さに一人で大笑いしながら、散歩に行ってきました。ペタペタと音がするのでクー様もなんだか不機嫌です。

自分の不注意で怪我をさせてしまったのでクー様には申し訳ないと思いつつ、怪我が治るまでは大好きな運動はおあずけです。




男のこだわり
気を抜くと8月も下旬になってました。すっかりブログを放置してしまいました。見に来て頂いた方、すいませんですm(_ _)m

久しぶりの記事はクー様ネタから。先日の桶の記事の経過報告。
相変わらず新規購入の桶はシカトされてます。相変わらず水浴びは手洗い場。

最近ちょっと気になっていた事がありました。実はクー様はカルキフェチなのではないか?と。
ご飯の時や暑い時に与える水はゴクゴク飲むのに、飲み残した水は炎天下であっても絶対口をつけないのです。水が温いからなのかな?と思って冷たい水を汲んであげるとゴクゴク飲んでくれる。

そこでワシは考えた。

汲みたての水→ゴクゴク
手洗い場の水→ジャブジャブ

ポクポクポク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チ~ン♪
ヒラメイタ♪( ゜∀゜)

実験。
お昼にボール遊びをしました。遊んで暑くなったクー様は桶をシカトしいつもの通り手洗い場に直行。
そんなクー様を放置し桶に水を張ってみた。すると痺れを切らしてワシを呼びに来たクー様。そこには汲みたての水を張った桶。

結果:ジャブ~~~~~ン


キタ━━━━━━( ゜∀゜)━━━━━━!!!!

やっぱりこいつ汲みたての水が好きだったんだわ
あんなに嫌がってた桶の中で( ´∀`)な顔のクー様。まったりして寛いでいらっしゃるので久しぶりにシャンプーで洗ってみた。あんなに嫌いだったシャンプーも水の気持ちよさには勝てないらしく桶の中から出ようとはせず、されるがままだった・・・。
(本当はシャンプーの写真を撮りたかったのですが、両手がふさがっている為撮れませんでした)

今まで海パン履いて風呂場でバトルしながらシャンプーしてたのが嘘みたいに楽チンに洗えました。
夏場限定だけど、あれだけ大人しくしていてくれるなら、外の水道でジャブジャブ洗ってあげられるようになったので今までよりこまめにシャンプーしてあげようかな?

桶嫌いから始まったネタですが、結果はクー様の癖を知ることが出来たし、シャンプーも楽に出来る方法を見つけることが出来たし本当に結果オーライな一日でした。


追伸:桶になってから大量の水を使うようになりましたが、その水はバケツですくってゴーヤの水撒き用ににリサイクルしておりますまさに一石三鳥

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
本日~我が家に~待望の~電子ピアノが ・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (目薬)
最近よく聞くネタですね^^;

さてさて、今年の目標の一つであるピアノを習い始めることにしました。

友人の奥さんの指導の下(奥様は個人のピアノ教室を開いておられる)、週一回、45分レッスンを受けることになりました。先日レッスン前に打ち合わせをしました。
お宅にお邪魔すると、家にグランドピアノが鎮座しとった!!!スゲっ!!!(これは余談)

で。先生とレッスン方法や方向性など、お話をさせていただきレッスンで注意箇所を指摘してもらって自宅で反復練習をすることを教えていただいた。

とりあえず、家にはピアノがないので、買わなければならない。夜中にPCで電子ピアノのメーカーや型式、特色、値段などについて調べ上げおおよそのアタリをつけた上で、翌日楽器屋さんにピアノを見に行くことに。

愛想の良い若いにーちゃんが話しかけてきてくれたので、電子ピアノについて色々アドバイスを聞いた。
電子ピアノのメーカーにはYAMAHA・KAWAI・ROLAND・KORG・CASIOがある。自分の予算の都合であらかじめ購入する機種を大体決めておいたのだが、実際にピアノを目の前にして触ってみると鍵盤のタッチの重さやピアノの音の質感、機能面など、各メーカーそれぞれネットで調べるだけでは分からない特色があって本当に迷った。結局その日は決めることが出来ずにカタログをもらって家で再検討することになった。
それから一週間。あちらこちらの楽器屋さんに出向き、気になる機種は全て現物を見てまわり、実際に音を聞いて触ってみた。2万くらいのおもちゃみたいなのから上はン十万するモデル(普通の生ピアノが買えるじゃん 笑)まで、電子ピアノは奥が深い・・・・。

相当悩んだ末に決まったのがこちら↓

C-520
KORG C-520になりました。(色々親切に相談に乗ってくれたおにーちゃんの店で購入)


音はピアノのメーカーであるYAMAHAやKAWAIには及ばないけれど、機能面は充分だし、操作パネルが鍵盤の上にあるので操作しやすいのがいい。そしてなによりの決め手がお値段。なんと9万円!!!
調べて気づいたのですが、CASIO以外は各メーカーとも鍵盤上に操作パネルがあるものは15万以上していたのでした。今回購入したC-520は型オチ商品で元々の値段は約14万→型オチ約10万→売れ残り現品特価バーゲン商品で9万になっていたのでした。(現品特価!!!って書かれると心が揺れまくってしまう、安物買いの銭失い的性格なワシ・・・^^;)

ちょっと予算はオーバーしちゃったけど、なんだか良い買い物が出来たような気がします(現品特価の影響と思われる)

一生懸命練習するぞ~~~!!!!(バイエル)

それから、アピタ大○店の愛○楽器のおにーちゃん、何時間もしつこく聞くワシにいやな顔せずにピアノの事を親切に教えてくれてありがとよ~~~~~~!!!

C^520(近)
↑これが決め手の操作パネル♪
猛暑対策
東海地方は、梅雨が明けると同時に猛暑がやってきました。連日35℃超えになっています。
暑いというより熱いといったほうがいいくらい。昨年の作業日誌を見てみると、35℃超えは8月にはいってからだったのに・・・・。来るのが急すぎるぜ!夏!しっしっ。
いっきに夏がやってきて、黒ラブさんにとって辛い季節がやってきました。(メタボなワシにとっても)

昼の水浴びだけでは、辛かろうとホームセンターで水浴びにぴったりの桶を見つけたので買ってきました。なんと底に水抜きの栓がついた優れものなのに2000円!!!!安っ!!

「えぇ買い物したなぁ」と思いつつ、家で早速水を貯めてみた。
水を貯めてる桶の横でそわそわしているクー様。
すぐに入るかと思いきや、なかなか入ってくれない。慣れてないからなのか????
入るように指示してみても嫌がる素振り
とりあえず桶の中に放りこんでみた♪

すると、おろおろしつつも水をホリホリし始めた(穴を掘る感じで)

水浴びクー様1
水浴びクー様2

まぁ何とか遊んでくれたようですが、数分で外に出ちゃいました(--;)
いつもの手洗い場なら、水に浸かったまま動こうとしないのになぁ・・・。

いつでも水が浴びれるようになってグッドアイデアだと思ったのですが、思ったより不評でした(泣

まぁシャンプー用のタライにでもするかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。