クーとイチゴの幸せ?な日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖い話
タイトルを見て怖い話を期待された方、大して怖い話ではないので本当にごめんなさい。

今回は金縛りの話。
といっても、本物の金縛りの話ではなく、金縛りに遭う夢を見た話です。

最近、晩酌をして気持ちよくなったところですぐ寝ちゃうことが多いので9時にはぐっすり寝ちゃってます。で、早寝しすぎて夜中に目が覚めてしまうのです。時間を確認してもう一度寝に入るのですが、二度寝をした時によく夢を見るのです。

(以下 夢の話)
布団の中で目が覚めると体が動かないことに気付く。「ん~~~っ!」
って一生懸命腕を動かそうとするけど、びくともしない。天井の方からナニかの気配もするようだし。マジで怖い!!!
気持ちは金縛りを解こうと思っているのだけど、どうにもならないので諦めムードになってきたところで はっ!と目覚める。
「なんだぁ、夢かぁ・・・(泣)」
って安心するわけです。体も動くし♪

他人からすれば、大したことないのでしょうが、怖いのだいっ嫌い&ビビリのワシにはエラいこっちゃなのです。
暗闇じゃ何かおらんか気になるし、風呂で頭洗う時にはいちいち後方確認しにゃならんし・・。

東北の友達にしゅ○姉という霊感スキルを持った方がおりますが(普段は閉じてるらしい)その手の話をしたがって困ります。そんなスキルもいらんし、そんな話も聞きたくないし・・(でもちょっと興味はアリ)
おかげさまで未だにそんな経験はないですが。

本当に、世の中から怖い話が消えてなくなればいいのに(´・ω・`)
スポンサーサイト
ありがとうございました
気が付けば、当ブログも一年経ちました。

本当に色々あった一年でした。
忙しい思いをしながらも、思い悩んだり塞ぎ込んだりした一年でした。
思ったままを記事にして、色んな人からコメントをもらえるのが楽しみでもあり、何よりの励みになりました。

過疎ブログにも関わらず記事を読んでくださった方、コメントを下さった皆様には本当に感謝しています。そして、我が家族と我が癒し犬「クー様」にも感謝。

二年目に入りますが、これからも思ったまんまを書き綴って行こうと思います。

今までと変わらずご愛顧くださいますよう宜しくお願い致します。

              くーぱぱ
おえっ
やっと記事アップできました!ご無沙汰をしていてすいません。

最近、歯磨きをしていると「おえっ」ってなる回数が増えてきました。

かかりつけの歯医者さんで教えていただいた正しい歯磨きの仕方を守って歯磨きをしていると10分以上かかります。正しい歯磨きの仕方をしていないと、磨いているようでも歯垢や歯石が溜まってきて歯槽膿漏の原因になったり虫歯の原因になったりするんです。
1~2年に一度、歯医者さんで歯科検診をするようにしていますが、毎度歯石チェックで怒られています。歯並びが悪いので余計に溜まりやすいのです。

で。  
一生懸命磨いているのですが、奥歯の奥側が磨きにくい。奥歯の奥を磨くと歯ブラシが喉に当たって「おえっ」っとなるのです。

つい最近までは、そんなことなかったのに・・・・。


数年前から、加齢臭が気になりだしたワシですが、歯磨きタイムにも寄る年波を感じるようになりました。

おっさんになってるぜぇ~   泣
今生の別れ
前記事にもチラっと書きましたが、11/2に友人が西表島に発ちました。地元を離れ西表島で観光バスの運転手として生きていくのだそうです。

彼とはアルバイト先の同僚で、十数年の付き合いになります。ウマの合うヤツで笑いのツボが同じで、お互いに何でも話すことの出来る唯一無二の親友です。

ワシが前嫁と知り合うきっかけを作ってくれたのは彼だし、彼が結婚知るきっかけを作ったのはワシで。お互いに×がつくところまで一緒というところが仲の良さを物語っています(--;)

彼は結婚する際 嫁実家の家業を継ぐために仕事を辞め、婿養子として嫁の実家に入りました。いわゆる「マスオ」さんってやつです。
彼は色々大変な思いもしていたようですが、頑張ってました。本当に。
しかし、頑張り続け我慢を重ねる日々も一年余で破綻を迎えました。
そうなったことが良かったのか悪かったのかは彼自身にしか分かりません。

離婚後、彼は憑物がとれたように、本来の自由奔放で豪快な彼の性格が戻ってきました。きっと心の中は沢山の傷があるのだろうけど、それを見せず周りを笑いの渦の中に引き込んでいく。そんな姿を見ていて「やっとヤツが帰ってきたなぁ」とうれしく思いました。
仕事と家庭を同時に失った彼は、仲間内の無職君を道連れにして約二週間南の方へ旅に(傷心の旅かどうかは不明)出ました。陸路をひたすら南へ。鹿児島からフェリーで奄美→沖縄。そこで見た奄美の風景や沖縄の景色がよほど気に入ったみたいです。

で。今回の西表島で就職という事になったわけです。


彼が西表島で新しい人生をスタートさせることはうれしいし、応援するつもりだ。ただ、西表まで片道で早くて2日はかかるらしいので往復を考えた時、イチゴ作りを生業としているワシが会いに行くことはほとんど不可能に近い。彼も仕事的にも金銭的にも気軽に帰ってくることは難しいらしい。二度と会えないとは言わないが、次にいつ会えるのか?5年か10年か?それ以上?


彼という存在のおかげで、腹を抱えて涙を流して笑い合えた時もあったし辛い時や悲しい時も痛みが半減した。彼が私を支えていたと言っても過言ではないかもしれない。
それだけに、彼がいなくなってしまった今、言いようの無い寂しさがこみ上げてくる。彼もそれは同じようだ(まだ行って数日なのにそんな内容のメールが届いてます 笑)
頑張にゃいかんのは、彼も私も同じ。お互いの存在が遠くにあってもお互いに励ましあっていこうと思う。


そんな寂しいところで頑張らなくても「とっとと帰って来ればいいのに」って思っているのが本音ですが♪(^^;)
帰ってくる場所は残しておくからね~♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。