クーとイチゴの幸せ?な日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月のイベント(その2)
今回で2度目となる下呂温泉への慰安旅行。という名目の単なる家族旅行です。

半年間、毎日イチゴの仕事に頑張ってくれた両親に疲れを取ってもらう為にセッティングした今回の旅行ですが、しゅな姉のアドバイスにより今年から、両親に感謝をしつつ疲れを取ってもらう旅行になりました。(名目が加わっただけで、やることに変わりはないのだが)

イチゴの収穫はおわったのだけど、現在イチゴの苗作りに入っているので実は旅行に行けるほど暇ではない。で。両親と姉は先に下呂へ向けて出発。
ワシは朝からイチゴの苗苗作りの準備等々15時までしっかりと仕事をする。ちょっと早めのクー様の散歩と晩御飯を済ませて17時に下呂に着くように後を追った。

家を出る頃は結構暑かったのだが、下呂に近づくにつれ町の風景が山の風景に変わっていった。日が沈んでいくのと、国道沿いを流れる川風のおかげで随分涼しくなって車の窓を開けて走るととても気持ちよかった。ちょうど新緑の季節だったので景色もとっても良かったので、途中で車を停めて写真を撮りました。
下呂道中






17時になんとか、下呂温泉は山形屋という旅館に到着。
到着してすぐにお風呂に直行しました。(仕事上がりで汗かいてたし)

日本三名泉には色々あるようですが、一応下呂温泉も名を連ねているようです。ここ東海地方では一番温泉の質が良いように感じます。”ぬるっ”というか、肌がつるつるに感じられます。なにより足を伸ばせてゆっくりと風呂に浸かるのって気持ちがいいね~。

風呂から上がって、暫く休んでいると晩御飯の時間になりました。
今回はちょっと贅沢に部屋食にしたので、時間を気にせずゆっくりと食事が出来ました。
山形屋 晩御飯


ご飯もおいしかったので、家族全員大満足でした。

お腹一杯になったので、暫く腹休めをして夜中にもう一度お風呂に入り、床に就きました。

慌ただしい一日だったけど、ワシも今までの疲れが取れたようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。